タイランド76県

タイ76県あるうち回った県を一県づつ紹介します。 全ての県を訪れることはできないかもしれませんが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

PageTop

プーケットからラノーンまでバスに乗ってみました

楽天ランキング独占中華点心セット第3弾☆販売個数5000万個の肉まん販売個数1000万個の餃子販売...

プーケットからラノーンへバスで移動

プーケットバスターミナル2。
1はもっと街中なのかもしれません。
移動して、スーパーチープというコンビニチェーンの本店前になったとか…。

プーケットからラノーンへバスで移動

バスターミナル外観

プーケットからラノーンへバスで移動

チケット売り場。
英語表記もあり、旅行者にも優しい感じ。

プーケットからラノーンへバスで移動

プーケット~ラノーン~チュンポンを結ぶバス会社のチケット表紙。
ルンキットツアーという民間バス会社。

プーケットからラノーンへバスで移動

チケットをめくると、あまり意味がわかりません。
プーケット~ラノーン間、260バーツ。

プーケットからラノーンへバスで移動

バスレーン

プーケットからラノーンへバスで移動

ルンキットツアーのバス

プーケットからラノーンへバスで移動

なんと、バス車内でwifiが!?
バス前方にモデムらしきものが置いてありましたが、
電源は入ってませんでした。

プーケットからラノーンへバスで移動

食事休憩で立ち寄った街のバスターミナル前

プーケットからラノーンまでの間で一つ気が付いたことは
仏教系のお寺がなく、モスクばかりということ。
もちろん大きめな町にはあるのでしょうけど、道中、目に入るのはモスクでした。
乗客にもモスリムの方がいましたが、そういうエリアなんだと思い知りました。

途中、2,3か所、軍服を着た人による検問がありました。
バスに兵隊さんが乗ってきて、IDなどをチェックしています。
西洋人、タイ人はあまり気にしてないようで、チェックの中心はミャンマー人。

IDを持っていないミャンマー人が一人いて、
バスから降ろされました。バスはそのまま出発。
彼は強制送還されたのだろうか?

プーケットからラノーンへバスで移動

ラノーン中心部に入る手前で見た滝

プーケットからラノーンへバスで移動

国道沿いにあるラノーンバスターミナルの看板
プーケットからのルンキットツアーのバスが停車したのは
看板の道路向かいでした。

プーケットからラノーンへバスで移動

看板から少し奥に入ると、ラノーンの公営バスターミナルがあります。

プーケットからラノーンへバスで移動

ラノーンバスターミナル、バスレーン

プーケットからラノーンへバスで移動

ラノーンからチュンポンへはロットゥー(乗合ミニバス)が出ているようです。

プーケットからラノーンへバスで移動

公営バスターミナル側にあるルンキットツアーのラノーンオフィス

プーケットからラノーンへバスで移動

タイ語、英語のほか、ミャンマー語があるところが印象的。

プーケットからラノーンまで300kmくらいですが、6時間かかりました。
検問などもあったのですが、それにしても時間がかかりすぎ。

理由はターミナル以外の場所での乗車、下車が頻繁にあること。
長距離のソンテウ(乗合タクシー)かと思いました。
結構疲れました。
それでも乗客にとって、好きな場所で降りることができるのは魅力的かもしれません。

プーケット発
プーケット5:30、ラノーン10:45、チュンポン12:45(始発)
プーケット14:00、ラノーン19:30、チュンポン21:20(チュンポン行き最終)
プーケット18:10、ラノーン23:30(最終)

チュンポン、ラノーン発
ラノーン6:30、プーケット12:15(ラノーン始発)
チュンポン5:50、ラノーン8:00、プーケット13:30(チュンポン発始発)
チュンポン13:30、ラノーン15:30、プーケット21:00(チュンポン発最終)
ラノーン16:30、プーケット22:00(最終)

一日8便くらいあるようです。

プーケット 0-7635-5755
ラノーン  0-7781-2324

>>トリップアドバイザーで口コミをみる

スポンサーリンク

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。