タイランド76県

タイ76県あるうち回った県を一県づつ紹介します。 全ての県を訪れることはできないかもしれませんが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

PageTop

ロングテイルボートでミャンマーに日帰りしてきました

英会話スクールに行くより【ネイティブ・イングリッシュ】

自転車を積むミャンマーへのボート

ラノーンからミャンマーのコートンにロングテイルボートで
行ったときに観察した現地の様子です。

自転車をボートに積んで運んでいました。
どうもフェリーなどはないようで、この木製のボートに
積めるサイズが運ぶことのできる限界なのかもしれません。

コートンに着くと、賑やかな港で、人がわんさかいて、
物資を運ぶ人やボートへの呼び込みなど、妙に活気がある感じがしました。

ミャンマー語の滑舌というか、話し方が男性も女性も
少し怒っている感じに聞こえ、それも活気があるように
感じた要因なのかもしれません。

ふと、海岸沿いを見ると、釣竿なしで、
針と糸で釣りをしてる人たちがいました。

その中の一人がハコフグを釣った後、
地面に何度も叩き付けていました。
周囲ではその様子を見て盛り上がってるのですが
一体なんだったのだろうか…。

ボートが着いたのは桟橋もない海岸に階段があるところで、
ボートが出たり入ったりしています。

タイへ戻る前、乗客が集まるまでボートで待たされたのですが、
ボートの出入りでボートを移動させたりするのに、
ミャンマー人の子供がエンジンをかけて、場所をキープしていました。
その子はかなり慣れた様子で、上手にコントロールしているのですが、
タイとの往復時にその子は乗船していなく、一体どこからきた誰なのか…。

ラノーンには多くのミャンマー人が住んでいるようで、
物価の安いミャンマーで買い物してタイに戻るミャンマー人もいました。
偶然、往復のボートが一緒だったので気がついたのですが、
タイ人と結婚した人なのだろうか…。

ミャンマーから大量の野菜を持ってタイに向かう人がいました。
タイで販売するのでしょうか?

ミャンマー人のおばあさんがタバコをくわえつつ、乗船してきました。
タバコだと思ったのですが、妙に香りが草っぽく。
おばあさんの吐く副流煙がボートの乗客を取り囲むのですが、誰も何も言わず。

おばあさんが海にポイっと捨てた吸殻をチラッとみると、
普通のタバコではなく、明らかに…。

ミャンマー人の男女に関わらず、一つ共通点を発見しました。
足の指がみんな太い!

男性は当然のことながら、若い女性からおばあさんに至るまで太いです。
しっかりと地面を掴むかのようながっちりした足です。

サンダルや裸足が一般的な国の人たちは、足がしっかりしてるのですが、
ミャンマー人は妙に指が太い気がします。
外反母趾?なにそれ?って感じかと思います。

しかし、ミャンマーも開放路線で外資が入ってきているようで、
どんどん経済発展していくと、外反母趾の人も増えていくことでしょう。
一国の経済をはかる物差しとして、外反母趾かもしれません。

往復とも国境付近にタイ、ミャンマーそれぞれチェックポイントみたいのがあり、
全員分のパスポートを係員に見せてチェックされます。
ボートの荷物をチェックされたりしているボートもいました。

乗客はその間、ボートで待ってるだけなのですが、
ロングテイルボートの長い棒の先についたスクリューが
後ろからゆっくりと回ってきました。

スクリューには買い物袋みたいのが絡まっていました。
ミャンマー人のおばちゃんが、黙ってそれを取り除きます。
船頭さんとの意思疎通も何もなく、そうするのが当たり前かのように。
そして、ゴミは当然、海にポイっと捨てられます。
だから、スクリューに絡まるんですけど…。

経済が発展しても、人や文化はなかなか変わらないかもしれません。

スポンサーリンク

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。