タイランド76県

タイ76県あるうち回った県を一県づつ紹介します。 全ての県を訪れることはできないかもしれませんが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

PageTop

ラーチャブリー県の郵便番号70000

☆タイの天然温泉ディレクトリー☆

ラーチャブリー県の郵便番号70000

バンコクから西に約100kmに県庁所在地があるラーチャブリー。
バンコクから日帰りツアーで有名なダムヌンサドゥアク水上マーケット。
この32kmの運河はかつてラマ5世の命によって作られたそうです。
後に政府によって観光化され、今に至っています。

県内には天然温泉が2箇所あります。
ポーンクラティン温泉とボークルン温泉です。
2箇所とも県内西部の山間部に位置します。

市街地にはロビンソンデパートがあり、
人も車も多く、意外と大きな街でした。

スポンサーリンク

PageTop

アユタヤ県の船そば!?

☆アユタヤ1000バーツ未満のホテル

アユタヤで有名な船そば?

バンコクで見かけましたが、
アユタヤの船そばは有名なんだろうか?

川に囲まれた街というイメージがあり、
水路も発展していたような気もするので
ボート上で作る麺も多かったのかもしれません。

スポンサーリンク

PageTop

サラブリー県の県庁所在地とバスターミナル周辺の様子

☆--タイで走る、マラソンランナーブログ--☆

サラブリー県の県庁所在地とバスターミナル周辺

バスターミナルの建物

サラブリー県の県庁所在地とバスターミナル周辺

バスレーンと待ち合い場所の様子

サラブリー県の県庁所在地とバスターミナル周辺

バスターミナルのすぐ横にあるショッピングセンター。
角にセブンイレブンがあります。

サラブリー県の県庁所在地とバスターミナル周辺

ショッピングセンター内の様子。
デパートがメインテナントなのか、
ショッピングセンターの本体なのか…。

上の階にはスマホなどの電器街というかIT系のお店も。
ビックCやKFCなども入ってました。

サラブリー県の県庁所在地とバスターミナル周辺

サラブリー市街のメインストリート(?)

サラブリー県の県庁所在地とバスターミナル周辺

マーケットの様子

サラブリー県の県庁所在地とバスターミナル周辺

隣のアユタヤ県と比較すると、
外国人の気配が全くしない街です。

県内には国立公園などもあり、ローカルのタイ人の人たちには
観光名所的な感じのようですが、外国人を呼び込むにはちょっと弱い感じ。
歴史的建造物などが必要なのかもしれません。

バンコクから100kmちょっと。
東北地方へ進むバスは大抵この街を通ります。
サラブリ県の次は観光客も多いナコンラーチャシーマー県。
イサーン地方でもなく、ひたすらマイナーな県かも。
個人的にはシンブリー県と良い勝負かと。
頑張れ!サラブリー!

スポンサーリンク

PageTop

夕方からマーケットが展開されるらしいナコンナヨックのバスターミナル

☆タイのビザ情報ブログ

ナコンナヨックのバスターミナル

ここは一体なんだ?と思ったらバスターミナルでした。

ナコンナヨックのバスターミナル

写真を撮ってるのがわかったのかな?

ナコンナヨックのバスターミナル

カーアクセサリーが多い様子でした。

ナコンナヨックのバスターミナル

バスの止まるスペースもわずかに残されてました。

ナコンナヨックのバスターミナル

バスターミナルの横の敷地の方では
食料系の屋台がわんさか並んでいる雰囲気でした。

ナコンナヨックのバスターミナル

あまり出入りの多くないバスターミナルでは
スペースの有効活用がマーケットになったようです。

決して週末や祝日ではありません。
平日の夕方でした。

スポンサーリンク

PageTop

タイ東北地方へ向かう列車で通ったサラブリ駅の看板

☆--タイ北部・チェンマイの安宿情報--☆

サラブリ駅の看板

列車の窓から撮ってみました。
この駅からもう少し進んだ辺りから
峠越えのような感じで列車がよいしょよいしょと
がんばり始めます。

サラブリ駅の看板

サラブリ出身の人に「イサーン出身ですか?」と言ったら
違うと否定されました。
イサーンはナコンラーチャシーマーからだと。
軽い冗談だったのですが…。

列車の中はイサーン訛りの会話が飛び交ってましたが。

スポンサーリンク

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。